1. HOME
  2. 製品・ソリューション
  3. 製品・サービス
  4. TechnoRACE

製品・サービス

Products & Service

製品・サービス

TechnoRACE

安価な汎用パッシブRFIDタグを利用して、フィニッシュゲート通過時刻を自動計測することにより、モトクロスやエンデューロ競技の計時業務に活用いただけます。
システムはポータビリティに優れ、様々なレース会場ですぐにお使いいただくことができ、インターネットを通じてクラウド上の情報公開システムと連動することで、リアルタイムでの結果発表や情報共有をサポートします。


TechnoRACE システム概要

TechnoRACE システム特徴

低価格で導入可能

高価なトランスポンダは不要です。
汎用パッシブタグ(100円以下)を使用し、導入ができます。

使い捨てタグで管理不要

  • タグ(トランスポンダ)の返却・回収や、受付時の保証金などの手間がかかりません
  • パッシブタグなので電池切れの心配なし

タグを車両に付けるための
専用アタッチメントを用意

  • フラッグタイプなので、泥が付着しにくい
  • 柔軟な軟質塩ビ成型、両面テープでフロントフェンダーに簡単貼付け

計測項目

  • 1/1000秒単位での計測
  • 複数台同時ゲート通過  ※
  • 高速でのゲート通過     ※
    ※テストでは時速80km/h、5台同時通過も計測

レース経過をスマートフォン等でリアルタイムに確認

  • 観客やピットクルーは応援する選手の順位やラップタイム、また、ライバル選手の状況をリアルタイムに把握可能
  • 本システムを常設するコースでは、大会以外の練習時にもすべてのラップデータを記録、アップロード

 

TechnoRACE 利用実績

栗沢町ガルルカップエンデューロ
モトクロスごっこ
2011年 7大会
(主催:GPE office)
栗沢町ガルルカップエンデューロ
3時間エンデューロ
2010~2013年 17大会
(主催:GPE office)
北海道モトクロス選手権シリーズ
札幌大会
2010年 2大会
(主催:MFJ北海道)
WEX(ウィークエンドクロスカントリー) 2012年 3大会
(主催:JNCC)

※周回路で行われる自動車レース等にも応用できます。

用イメージ

2012年 WEX第1戦
千葉県印西凸凹ランドで行われた大会で、参加台数130台以上の計測に本システムが使われました。


 

TechnoRACE 製品仕様・価格

RFIDリーダ Speedway Revolution R420 920Mhz帯 最大送信出力30dbm(要免許局)
アンテナ 計測ゲートの幅に合わせて、最大4台まで接続可能
タグ UPM Dogbone
タグ取付アタッチメント フロントフェンダーに取付、軟質塩ビ成型品、100mm×85mm 重量 5g
計測ゲート アルミパイプ組立て式、幅5.5m×高2.5m アンテナ2個、リーダ格納ボックス取付
※既設のフィニッシュゲートにアンテナを取付けて代用可
計測用PC 対応OS:WindowsXP、Windows7、Windows8
リーダ・計測用PC I/F 無線LANまたは有線LAN接続(webサーバアップロードにはインターネット接続が必要)
計測用ソフトウェア リーダ制御、計測データ保存、Webアップロード
大会管理用ソフトウェア 選手登録、受付、TAG発行、リザルト出力、ラップチャート出力、成績管理など
※大会規定にあわせたカスタマイズのご相談に応じます
Webサイト 開催中のライブリザルトや過去のリザルト、ラップデータを公開。スマートフォンでの閲覧用にPlayストア、ITunesで専用アプリ『TechnoRACEライブリザルトモニター』を配信中
価格・費用 設置環境によりハードウェアの導入費用が変わります。また、大会のレギュレーションに合わせたカスタマイズも可能です。詳しくはお問い合わせください