ニュース

ホーム > ニュース一覧 > デジタルサイネージやプロジェクションマッピングの導入ソリューション「TechnoVision Controller」をリリースしました。

デジタルサイネージやプロジェクションマッピングの導入ソリューション「TechnoVision Controller」をリリースしました。

2017.03.28更新

サイネージ&プロジェクションマッピングにおける
導入・運用の簡易化を低コストで実現 
「TechnoVision controller」を正式リリース

株式会社テクノフェイス(本社:札幌市中央区、代表取締役:石田 崇)は、デジタルサイネージやプロジェクションマッピング等における導入・運用を格段に簡易化、低コスト化するソリューション「TechnoVision controller」を、2017年3月28日に正式リリースいたしました。
 
 
「TechnoVision controller」製品サイト
http://www.technoface.co.jp/technovision


 

【サービスの特徴】
「TechnoVision controller」は、テクノフェイスが開発するマルチディスプレイ放映制御ソフトウェア「TechnoVision Signage Controller」、マルチチャネル・プレゼンテーションソフトウェア「TechnoVision SyncView」、今後リリース予定の多拠点コンテンツ配信ソリューション「TechnoVision PointView」、テキスト放映制御ソフトウェア「TechnoVision WordView」等からなるソフトウェア製品群を活用して、動画による広告・情報配信の導入・運用負荷とコストの削減を実現するソリューションサービスです。

デジタルサイネージやプロジェクションマッピングの普及で、動画を活用したプロモーションや情報提供を行う場面は急速に増えてきています。デジタルサイネージオーナーや運用担当者にとっては、導入コストを始めとし、配信設定の操作が煩雑であったり、運用やコンテンツ管理に労力や時間がかかったり、また、それらを外注するとコストが高いといった課題があります。

テクノフェイスの開発・提供している「TechnoVision controller」を活用すると、以下のことが可能になります。

・マルチディスプレイにも対応した、直観的で、汎用性の高い配信画面レイアウトのデザイン
・ドラッグアンドドロップでコンテンツの入れ替えも簡単なタイムスケジュール操作
・ネットワークを介した複数拠点や大型ディスプレイの一元管理
・サイネージ、ディスプレイ、プロジェクタなどの汎用デバイスに対応し、導入済みのパネルの再活用も可能
・動画だけではなく、静止画、WEBページなど多様なファイル形式のコンテンツを自由に画面上にレイアウト

これにより、動画像を活用したあらゆるプロモーション、情報提供を圧倒的に簡単に、かつコストを削減します。


【操作イメージ】
従来のデジタルサイネージ運用イメージを覆す、TechnoVisionによる編集操作の紹介動画はこちら
https://youtu.be/99r5WZPNz3k


【導入事例】
正式リリースを前に、いくつかの企業様にはすでに先行して導入をいただいており、以下はその導入事例になっております。

・レストランでの空間演出
料理のサーブに合わせて、テーブルに映像を投影。視覚と味覚を組み合わせた新しいサービスとしてご利用されています。

・店頭でのプロモーション
店頭に目を引く動画看板を設置。多店舗展開のチェーン店でも、管理を一元化し、店頭スタッフに手間をかけません。

・国際イベントでの情報配信
冬季国際スポーツ大会の報道センターにおいて、報道陣向けに競技のハイライト映像や、競技スケジュール案内、都市の観光映像などを常時放映し、大会運営をひきたてました。

・公共空間での情報発信
地方空港の出発ロビーや、図書館、大学施設、博物館など、利用者向けの情報発信をユーザ自らの運用により安定的に行っています。


【今後の展開】
動画によるプロモーションを検討している小売業、サービス業や多拠点ディスプレイでの情報配信を行っている公共空間などを中心に年内に100件の導入を目指します。
同時に、コンテンツ不足という課題に対応するソリューションとして、動画クリエイタープラットフォームとの連携や、テクノフェイスのコア技術であるAIを応用したパーソナライズ配信等の研究開発を進め、動画活用のトータルソリューションとして進化させます。


前のページ   次のページ